JA東京みどり 金融機関コード:5072

HOME > 広報活動 > 国立の梨園で児童の見学を受け入れました

国立の梨園で児童の見学を受け入れました

9月18日(火)、国立市の組合員、佐藤英明さんは経営する梨園で国立学園小学校3年生116人の見学を受け入れ、国立で栽培される梨の品種や歴史の他、受粉、摘果、袋掛け、収穫、剪定などの栽培工程を説明しました。佐藤さんは「お客さんに喜んでもらえる梨を出荷するため、栽培に多くの時間を費やしていることや、たくさんの作業工程があることを学んでもらい、自分たちの住む町の農業に興味を持ってくれたらうれしい」と話されました。