JA東京みどり 金融機関コード:5072

HOME > 広報活動 > 珍しい農産物を直売所へ出荷しています

珍しい農産物を直売所へ出荷しています

国立市の組合員、三田高徳さんは、珍しい品種の野菜を栽培し、国立地区農産物直売所や国立駅北口近くの自身が経営する直売所「モロゴロ」に多種多様な農産物を出荷しています。直売所に来店するお客さんにインパクトを与え、話題になるようなものが作れないかと考え、珍しい品種の野菜作りを始めるようになりました。今回、出荷した白色のカスタード・ホワイトと黄色のサンバーストの平たい円盤型の「UFOズッキーニ」は、完全に熟してからではなく、実ができはじめてまだ若い間に収穫するのがポイントです。三田さんは2010年、公益財団法人都農林水産振興財団都農林総合研究センターの農業技術研修生として1年間農業の基礎を学び、現在は父、廣さんと親子で農業を営んでいます。三田さんは「お客さんが笑顔で珍しい野菜を手に取り、驚いている姿を見ることが、農業を営む活力になる。これからもお客さんの笑顔を見続けられるように珍しい品種の野菜作りに挑戦していく」と意欲を語られました。