JA東京みどり 金融機関コード:5072

HOME > 広報活動 > 海外留学生の茶摘み体験を受け入れました

海外留学生の茶摘み体験を受け入れました

5月13日(日)、東大和市で茶業を営む杉本貴文さんは青山学院大学の留学生の茶摘み体験を受け入れました。米国、イギリス、ドイツなど世界16カ国の39人の留学生とサポートする同大学の職員ら合わせて46人が参加しました。留学生らは茶摘み体験、製茶工場の見学、抹茶体験を行いました。杉本さんは留学生らに茶摘みの基本の摘み方である「一芯二葉」や栽培する「東京狭山茶」について説明しました。製茶工場の見学では蒸し機や乾燥機などの機械を動かしながら茶葉から製茶になるまでの9つの工程を説明し、抹茶体験では茶道裏千家小林社中の小林宗浩さんと生徒らが茶の味わい方や作法などを指導しました。杉本さんは「茶摘みを楽しんでもらい、日本の伝統文化に触れることで日本の良さを知り日本茶にも興味を持ってもらえたらうれしい」と話されました。