JA東京みどり 金融機関コード:5072

HOME > 広報活動 > JA職員が農業生産資材・農薬の基礎を学びました

JA職員が農業生産資材・農薬の基礎を学びました

4月24日(火)、本店で農業資材研修会を開き、ライフアドバイザーを含むJA職員46人が参加しました。JA全農東京生産事業部生産資材課の佐藤悠二氏と荒巻一雄営農指導員が講師を務めました。佐藤氏は「パイプハウスの基礎知識」をテーマに、パイプハウスの補強種類や換気関連製品などを紹介し、被覆資材の種類や特徴を説明。荒巻氏は「農薬の基礎知識」をテーマに、農薬の種類、役割、歴史などを説明した他、農業電子図書館や生産履歴記帳の活用を呼びかけました。参加した職員は「組合員からの営農に関する相談にも的確なアドバイスができるように多くの知識を身に付けていきたい」と話されました。