JA東京みどり 金融機関コード:5072

HOME > 広報活動 > 東大和市の農家が小学生へ食農教育を行っています

東大和市の農家が小学生へ食農教育を行っています

11月15日(水)、東大和市の組合員、和地毅さんと妻の良子さんは同市立第一小学校の3年生66人の農業見学を受け入れました。今年で20年目となる小学生の農業見学受け入れ者数は延べ2000人を超えています。児童らは農産物の栽培時期や品種、クワ、鎌、耕運機など農機具の使い方を学びました。2品種のサツマイモを目の前で割り、色や味の違い、特長などを説明した他、ダイコンなどを実際に手に触れさせることで、大きさや重さを直に感じてもらうなど農業に親しみを持ってもらう農業見学を行いました。和地さんは「直接、目で見て触れて野菜がどの様に育って収穫・販売されているのかを知ってほしい。普段食べている学校給食に提供されている必要不可欠な野菜を栽培する農業の大切さを学んでほしい」と話されました。