JA東京みどり 金融機関コード:5072

HOME > 広報活動 > 昭島市果実組合の梨生産者が小学校で出前授業を行いました

昭島市果実組合の梨生産者が小学校で出前授業を行いました

昭島市果実組合の梨生産者4人が同市7つの小学校で出前授業を行いました。11月13日(月)、宮﨑邦康さんは同市富士見丘小学校で3年生38人に、「昭島市の梨について」と題し、受粉、摘果、袋掛け、収穫、剪定作業時の写真を使い、梨生産者が1年間どのような作業を行っているかをわかりやすく説明しました。11月17日(金)には市内で生産された梨を使った「梨ゼリー」も給食で提供されました。宮﨑さんは「自分たちの住む町で梨が栽培されていることや、いろいろな品種の梨があること、梨園の直売所やJAの農産物直売所みどりっ子で販売していることなど、地元の農業に興味を持ってほしい」と話されました。