JA東京みどり 金融機関コード:5072

HOME > 広報活動 > ハウス抑制スイートコーン栽培の現地検討会を開催しました

ハウス抑制スイートコーン栽培の現地検討会を開催しました

9月26日(火)、武蔵村山地区農産物直売所運営委員会は同市の圃場でハウス抑制スイートコーン栽培の現地検討会を開催しました。都中央農業改良普及センターの宮澤直樹さんを招き、会員、JA職員ら合わせて11人が参加しました。同運営委員会は端境期対策として普及センターの指導の下、会員の本木靖典さんのハウスで試験的にスイートコーンの抑制栽培に挑戦し、現地で検討会を行いました。検討会では栽培過程や、収穫量、出荷量、販売状況などが報告され、施肥や水分量など栽培管理に関しての意見交換も行われました。同運営委員会の栗原秀夫会長は「直売所に継続的に安全・安心な地場産野菜を出荷できるよう、普及センターと協力し積極的に端境期対策に取り組んでいく」と話されました。