JA東京みどり 金融機関コード:5072

HOME > 広報活動 > 昭島市米生産者組合が視察研修会を開催しました

昭島市米生産者組合が視察研修会を開催しました

9月8日(金)、昭島市米生産者組合が視察研修会を開催しました。神奈川県平塚市のJA全農営農・技術センターとJA湘南大型農産物直売所「あさつゆ広場」を視察し、組合員、市、JA職員ら合わせて16人が参加しました。参加者らは同センターで残留農薬分析、残留農薬の抽出などの研究を学び、試験圃場などを視察しました。直売所では地元農家が生産する米を中心に地場産の新鮮野菜や花卉(かき)などの出荷量や販売状況を視察しました。同JA管内の平塚市で生まれた米「はるみ」は米の食味ランキングで最高の「特A」評価を受け人気も急騰しています。同組合の薬袋芳髙組合長は「営農における新技術の研究や開発は農家にとって重要。安全・安心な米を生産するため、JA全農の提案などを取り入れ消費者に喜んでもらえる米作りを目指していく」と話されました。