JA東京みどり 金融機関コード:5072

HOME > 広報活動 > 立川市果実品評会が開催されました

立川市果実品評会が開催されました

9月1日(金)、立川市は同市役所で果実品評会を開催しました。市長賞には鈴木博秀さんの梨「稲城」、市議会議長賞には豊泉豊さんの梨「幸水」、東京みどり農業協同組合代表理事組合長賞には鈴木和子さんの梨「豊水」が選ばれました。市内で生産した梨やブルーベリー、ブドウ、イチジク、栗など計74点が出品され、都農業振興事務所中央農業改良普及センターの指導員らが審査しました。品評会後には、出品された果実を販売し、立川市果樹組合と立川市農業技術振興会が品評会会場の隣で地場産の果実と野菜の直売会も開きました。立川市果樹組合の吉澤一三組合長は「今年は長雨の影響も受けたが、農家の努力のおかげで出品数も昨年より増え、出来の良いものがそろった」と話されました。